FC2ブログ
  2年が過ぎて 
2006 / 10 / 23 ( Mon )  21:43
中越地震から今日で2年。

ニュースや新聞で奇跡的に助かった、元気いっぱいの優○クンを映し出していた。

「大きくなったらレスキュー隊になりたい」

思わず胸がグッと締め付けられてしまう。
あの時わずか2歳。それでも自分の身に起きたことを理解することが出来ているのだろうか?

あの体験が2歳の子供ではなく、大人だったとしたら、いや、私だったとしたら、助かったとしてもショックのあまり、精神的に大きなダメージを受け、普通の生活を送ることが出来ないかも・・・と思う。


あらためて「当たり前の生活を送れる」ありがたさを忘れないようにしなければならないと思う。



我が家では2年前の今日、私が飲み会で遅くなるため、コロッケ作りをしていたそうな・・・。
・・な、もんで毎年10月23日はコロッケを食べることにしました。
もちろん手作りコロッケ!
今日は「里芋コロッケ」でした~
スポンサーサイト



日記  * Com(2) *  Tb(0) * Edit * top▲
 Comments 
  こんばんわ!
私も2年前、テレビで救出される男の子をじっと見てました。
本当、ハラハラして見てましたよ。

本当、当たり前の生活を送れる有難さを忘れないようにしないといけませんね。
From: mimi * 2006/10/24 18:33 * URL * [Edit] * top▲
  mimi さんへ
今日の朝刊に事故の現場(工事中)の対岸から優○クンが手を合わせている写真を目にしました。
胸がズキンとしますね。

「当たり前の生活」は不満が多かったりするんだけど、予期せぬ事態が起こると「当たり前の生活を送れるありがたさ」をひしひしと感じますね。
From: るー * 2006/10/24 21:39 * URL * [Edit] * top▲
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
 Trackback